モミの木

モミの木

こんにちは!寒さが足りないからか、いまいち「冬」の盛り上がりにかけるのですが、街のディスプレイはすっかりクリスマスですね♪クリスマスと言えばクリスマスツリー。昔から大きなツリーに憧れがあるのですが、あなたのお宅にはどんなツリーがありますか?

ところでクリスマスツリー。日本でもすっかり定番のインテリアアイテムとなっていますが、もとは【モミの木】のこと。なぜモミの木が使われるのかと言うと、8世紀ドイツの伝説が由来とされています。

当時ドイツで崇拝されていたのは、死神や雷神といった自然信仰から生まれた神でした。そこへキリスト教の布教にやってきた宣教師が、神にささげる儀式に使っていた樫の木(またはオーク)を切り倒してしまったのです。神の怒りを恐れる人々を前に、宣教師は熱心にキリストの教えを説きました。すると、なんと倒れた木のそばから「モミの若木」が芽生えたのです。それから宣教師はこのモミの木を「奇跡の木」として言い伝え、以後モミの木がキリスト教のシンボルになったのだそう。

こうしてモミの木=クリスマスツリーを飾る習慣はドイツで広がり、18世紀にドイツ移民からアメリカへ、イギリスへは夫がドイツ人であったヴィクトリア女王の時代(19世紀半ば)に伝わったんだとか。ちなみに日本にやって来たのは1860年のこと。プロイセン王国の使節が公館に飾ったクリスマスツリーが初らしいですよ✧˖°

そんなモミの木、すでに見かけた方もいるかもしれませんが、お花屋さんでは11月半ばから出回ります。
価格はサイズによりますが、意外と手ごろで500円~購入できちゃいます!
リースにすればもちろん可愛いのですが、もっと簡単に楽しむならモミの木の枝はそのままに、赤い実や市販のオーナメントを取り付けるだけで華やかなクリスマス飾りが出来ますよ♡

とっても生命力が強い植物で、色も香りも1ヶ月以上保ち続けてくれるのも魅力!
クリスマスまでの残り数週間、ぜひモミの木と共に気分を盛り上げていきましょうね✧˖°

それでは今日はこの辺で。
美味しいクリスマスケーキが食べたい、ホリがお送りいたしました~!

ホリ
ラクレブログの文系(?)担当。普段は本に囲まれて生きています。
ブログではブライダル装花とギリシャ神話のお話を中心に発信中。
書いたり読んだり作ったりすることが好き!好きなお花はナチュラルな小花・野草系。
あなたのスキマ時間にそっと寄り添えるようなお花情報をお届けします✧˖°

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください