重陽の節句

重陽の節句

こんにちは!今日は9月9日ですね♪
ぞろ目の日の本日は「重陽(ちょうよう)の節句」という五節句のひとつ。菊を使って不老長寿を願うことから別名「菊の節句」とも言われています。今では五節句の中でも存在感の薄い節句ですが、昔は盛んな行事だったそうですよ!

そもそも五節句というのは、江戸時代に定められた5つの式日(祝日)のこと。
古来、奇数は縁起の良い陽数と考えられていて、その奇数が重なる日をお祝いしたのが始まり。重なってはいませんが1月7日、さらに3月3日、5月5日、7月7日、そして9月9日が五節句にあたります。なかでも一番大きな陽数が重なる今日を「重陽」と定めたんだとか。

菊という花は仏花や晩秋のお花としてのイメージが強いですが、もとは薬草として使われていて、延寿の力があるとされていました。やっぱり長持ちするからでしょうかね~?中国では、菊のおかげで少年のまま700年生きた菊慈童(きくじどう)」なる言い伝えもあるそうです!三国志なんかがお好きな方はぜひ調べてみてください♪

さて、そんな重陽の節句ですが、具体的にどう過ごすのでしょう?
菊にまつわるものからご紹介するならば、「菊酒」「被せ綿(きせわた)」「菊湯」などが挙げられます。
菊酒というのは、菊を漬け込んだお酒のこと。現代ではお酒に菊の花びらを浮かべればOKです!
被せ綿は、菊の花に綿をかぶせたもの。菊の露や香りを含んだ綿で体を清めると、長生きすると言われていました。正式には、前日に赤・白・黄色の絹の綿をかぶせ、翌朝その綿で体を清めていたようです。
菊湯とは、その名の通り菊のお風呂です。湯船に菊を浮かべれば、とてもリラックスできそうですね♡
他にも「菊枕」「菊合わせ」なんてものもあったそうなので、本当に菊尽くしの一日ですよね~!

品種改良が進み、形も色もバリエーション豊かになっている菊の花。
西洋菊のスプレーマムならアレンジもしやすいので、マムだけで花束を作ってみるのもおすすめです✧˖°

あなたも不老長寿を祈願して、菊尽くしな一日を過ごしてみてはいかがですか?

それでは今日はこの辺で!
本日のブログもホリがお送りいたしました~

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください