秋分が来る前に

秋分が来る前に

どうもホリです!こんにちは!
9月になりましたね。まだまだ残暑の厳しい季節ですが、暦上ではもうすぐ「白露」となります。
あまり聞かない言葉だと思いますが、白露は二十四節気のひとつで「大気が冷え、草木に白い露が見られるようになる頃」を指します。この時期を過ぎれば、ついに秋分を迎えますよ~!

ちなみに、二十四節気では「はくろ」と読みますが、和歌に詠まれている白露は「しらつゆ」と読みます。

白露も こぼさぬ萩の うねりかな

こちらはあの有名な俳人、松尾芭蕉が詠んだ一句!
「萩の花に露があふれるようについている。そよ風が吹いて大きくうなっているが、露の玉をこぼすことなく揺らめいているよ」という意味です。萩の気品と秋風を感じますね~♩*
また、同じく有名な俳人、正岡子規も白露の句をたくさん読んでいるんです。
この季節がいかに彼らの感性を刺激していたかがわかりますね✧˖°

さて、話を戻しまして「白露(はくろ)」の季節。
ラクレがおすすめしているお花が【ケイトウ】です!
昔はケイトウの見た目が苦手だったわたしですが、今ではおしゃれな秋のお花~と思って愛でています♡笑
前回のお花の定期便でも「シルフィード」という品種のケイトウが使われていましたよね。あのシルフィードのように、房状に花をつけるのが「フサゲイトウ系」、鶏のトサカのような形になるのが「トサカゲイトウ系」、そして穂状の「ヤリゲイトウ系」に大別されます。種類も豊富で鮮やかなカラーが揃うケイトウ、ぜひお気に入りを見つけてくださいね!

それでは今日はこの辺で。
早く秋服が着たい、ホリがお送りいたしました~♡

ホリ
ラクレブログの文系(?)担当。普段は本に囲まれて生きています。
ブログではブライダル装花とギリシャ神話のお話を中心に発信中。
書いたり読んだり作ったりすることが好き!好きなお花はナチュラルな小花・野草系。
あなたのスキマ時間にそっと寄り添えるようなお花情報をお届けします✧˖°

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください