花屋が作るウェディング

花屋が作るウェディング

こんにちは、ホリです!8月ももうすぐ終わり。
台風が心配ですが、ラクレのアトリエも着々と工事が進んでいるようでとっても待ち遠しいですね♪
新しいアトリエはうんと広くて、2階には挙式ができるスペースもあるんです!さらにブライズルームまで完備されますよ✧˖°

さて、そんなラクレで新たに始動しているのが、「花屋が作るウェディング」

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

la clef🗝[ラクレ]さん(@laclef.me)がシェアした投稿

インスタをご覧の方はすでにご存知かと思いますが、ブライダルのコーディネートをたくさん手掛けてきた花屋でありコーディネーターでもあるラクレが、結婚式をまるっとプロデュースしちゃおう!というものです。

花屋が作る結婚式と聞いて、あなたならどんな結婚式を想像しますか?
一般的な結婚式ではお目にかかれない、珍しいお花を使った結婚式?
ブーケがとっても豪華な結婚式?
……やっぱり、お花にあふれた結婚式でしょうか。

例えば、写真映え抜群の《フラワーウォール》
一般的な結婚式場やゲストハウスでは、フラワーウォールほどのコーナーの確保ができる会場は少ないと思います。まして貸切にできないホテルではもっと難しいでしょう。
そもそも生花で作ろうとすれば、装花だけで驚きの価格になります。代わりに造花にしてもそれなりの量が必要なので、やっぱりお金も準備する労力も大変です。

そんなフラワーウォールよりお手軽なのが、《フラワーガーランド》
こちらも可愛くておしゃれですが、準備は自分たちで頑張ってDIYする場合がほとんど。細かい作業が好きな人には良いかもしれませんが、忙しい結婚式前に、こまごまとしたガーランド作りはなかなか骨が折れる作業です。

こうしたお花を使ったコーディネートを、ラクレプロデュースでハイセンスかつハイクオリティに叶えてあげたいのです✧˖°

ところで、結婚する女性を意味する花嫁って、なんで「花」が付いてると思います?
諸説ありますが、一説には「男性側の家が女性を迎える際に花道を作り、その道を通った女性が嫁となるから」だそう。
花婿という言葉も、その花道を通った女性を迎えるからなんですね。

そう考えると、結婚式におけるお花の役割ってやっぱり重要なんじゃないかな、なんて思うわけです。
海外風のおしゃれなコーディネート、流行りのブーケはもちろん大事ですが、原点に帰ってお花のあり方を考える結婚式が作れたら素敵だなぁ、と思います♪

お花が好きなのに結婚式で思う存分発揮できないあなたに向けて、目下準備中でございます。
詳細はまだお伝えできる段階ではありませんが、ぜひお楽しみに♡
また「こんなお花の使い方がしたい!」「こんな結婚式がしたい!」というご希望があれば、ぜひぜひご意見お寄せくださいね~!

それでは今日はこの辺で。
もう一度結婚式をするなら晴れに晴れて欲しい(笑)、ホリがお送りしました~!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください