夏にぴったり!麦わらのお花

夏にぴったり!麦わらのお花

こんにちは、ホリです。さすがに暑さが増してきましたね~!ここ数日はカラッと晴れていたからか、干していたユーカリが早々にドライになってくれました(笑)。梅雨を通り越してすぐにでも夏になりそうなお天気ですが、夏らしい名前を持つこのお花、あなたはご存知でしょうか?

名前は【ムギワラギク】。これは和名で「麦藁菊」と書くのですが、一般的には【ヘリクリサム】と言います。名前の通りキク科のお花なんですが、その種類はとーっても豊富。なんと約500種類ほどあるんだそう!そんなわけで、花色も黄色やオレンジ、赤、紫や白などたくさんあります。

学名の「Helichrysum」は、ギリシャ語の「helios(太陽)」「chrysos(金色)」が語源。太陽に輝くその光沢ある花姿から、花言葉には「黄金の輝き」と付けられました。

また、花びらは水分が少なくパサパサして、ドライフラワーにも最適。なるほど通りで“麦わら”という名が付くんですね♪
英名でも「Strawflower(麦わらの花)」と言われていて、他に「Everlasting daisy(永遠のデイジー)」という呼び名もあります。さらには「帝王貝細工(テイオウカイザイク)」なんて別名もあり、こちらもお花独特の硬さを貝細工に例えたものと言われています。

先ほどドライフラワーでも楽しめる、と書きましたが、何より嬉しいのは乾燥させても変形せず、色や光沢もそのまま残ること!
このことから、「永遠の思い出」「記憶」という花言葉も生まれています。

生花でもドライでも、アレンジするときは夏の代表ひまわりとあわせたり、同じくパサパサした花びらが特徴のニゲラなどのシルバーリーフ系との相性が抜群です°✧˖°
アワ・シダといったこの季節らしいグリーンも混ざれば、より爽やかな夏を感じられそうですね♡

種類豊富なヘリクサム、花持ちも良いのでぜひ長く楽しんでみてください!

それでは今日はこの辺で。
本日のブログもホリがお送りいたしましたーっ♩*

ホリ
ラクレブログの文系(?)担当。普段は本に囲まれて生きています。
ブログではブライダル装花とギリシャ神話のお話を中心に発信中。
書いたり読んだり作ったりすることが好き!好きなお花はナチュラルな小花・野草系。
あなたのスキマ時間にそっと寄り添えるようなお花情報をお届けします✧˖°

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください