カーネーションを長く楽しむ!

カーネーションを長く楽しむ!

こんにちは、ホリです!
「令和」がもう目の前までやって来ていますが、あなたは「母の日」の準備は万全ですか?

母の日と言えばやっぱりカーネーション「母への愛」という花言葉を持ち、フリル状の花びらが可愛らしい贈り物にぴったりのお花ですよね!
そんなカーネーションですが、ドライフラワーにしても楽しめるんですよ♡

カーネーションをドライにするときは、ハンキング法ではなく「シリカゲル」を使う方法がおすすめ!カーネーションの花びらは水分が多いので、まずはキッチンペーパーなどでよく水気を取り除いておいてくださいね♪

《作り方》
1.カーネーションの花をカットする
※付け根から切り落とすか、余分な葉を取って切りましょう

2.耐熱容器にシリカゲルを敷く

3.シリカゲルの上に、カーネーションが重なり合わないように並べる
※花びらの間にもシリカゲルが埋まるように!

4.かたちが崩れないように注意しながら花全体をシリカゲルで覆う

5.容器に蓋をして、3日間ほど放置する

 

あとは様子を見て取り出してあげれば完成でーす★

ドライフラワーにした後は、ガラスの小瓶に入れたり、そのまま吊るしてみたり、アロマオイルをしみこませてポプリにしてみたり…と、長~く楽しめますよ✧˖°

母の日に向けて目にする機会の増えるカーネーション。「もらう」「贈る」だけでなく、自分で買って楽しんでみるのも良いですよね~♡
ぜひドライフラワーにもチャレンジしてみてくださいね!

それでは今日はこの辺で。
ホリがお送りいたしました~

ホリ
ラクレブログの文系(?)担当。普段は本に囲まれて生きています。
ブログではブライダル装花とギリシャ神話のお話を中心に発信中。
書いたり読んだり作ったりすることが好き!好きなお花はナチュラルな小花・野草系。
あなたのスキマ時間にそっと寄り添えるようなお花情報をお届けします✧˖°

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください