桜もいいけど、雪柳なんてどうですか?

桜もいいけど、雪柳なんてどうですか?

こんにちは、ホリです!
関東では桜の開花宣言が出され、お花見をする人々でにぎわっているみたいですね!日本人も外国からの観光客もみんな大好きな桜ですが、日本の桜の8割を占めるソメイヨシノの開花が終わるころ、いたるところで咲く白いお花をご存知でしょうか??

弓状にしなって垂れた細い枝にびっしりと咲く白いお花、それが【雪柳】です✧˖°

雪柳はバラ科の花木。名前から冬の木のように思われますが、その名の由来は白い小花が枝いっぱいに咲く様子が、雪の降り積もった柳のように見えることから名づけられています。

そんな雪のように可憐な白い花にちなんで、花言葉は「愛嬌」。他に「気まま」「自由」といった花言葉もあります。しなやかに伸びる枝の姿には、確かに自由気ままな生命力を感じますよね🌸

さてこの雪柳、実は前回ご紹介したコデマリと共通点がたくさんあるんです♩
どちらもバラ科で、白い小花を咲かせ、ラルブルのお花の定期便の常連である点!
両者の違いは花の咲かせ方と開花時期。雪柳は4月~と開花時期が早く、花は枝全体を覆うように咲きます。一方コデマリは4月下旬~開花し、花は枝先にまとまって咲きます。

また雪柳には、白い花だけでなくピンク色の花を咲かせる品種もありますよ♡
桜のピンク色はもちろん素敵ですが、ほのかにピンク色に染まった満開の雪柳の姿も情緒があって幻想的です。花見の人の多さに疲れてしまったときは、ぜひ雪柳のことも思い出してみてくださいね✧˖°

それでは今日はこの辺で~♩
お花見がしたくなってきました、ホリがお送りいたしました!

ホリ
ラクレブログの文系(?)担当。普段は本に囲まれて生きています。
ブログではブライダル装花とギリシャ神話のお話を中心に発信中。
書いたり読んだり作ったりすることが好き!好きなお花はナチュラルな小花・野草系。
あなたのスキマ時間にそっと寄り添えるようなお花情報をお届けします✧˖°

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください