wedding

wedding

もじゃもじゃの正体

もじゃもじゃの正体

こんにちは、ホリです~!
季節は「立春」を過ぎ、「節分」も終えましたね。「鬼は外、福はうち」なんて子どもの頃のようにはしゃぎはしませんでしたが、我が家でも豆をまき、恵方巻を美味しくいただきました♩
この立春、もともとは季節が冬から春になった日を指し、節分とはこの新しい春を迎えるために邪気を払う行事です。そんな季節にラルブルがオススメしているお花が、春を迎えるのにふさわしい【チューリップ】です♡

二十四節気にあわせてお花が届くお花の定期便では、アネモネヒヤシンスといった春のお花が目白押しでしたよね!そんななか、おそらくあなたも気になったグリーンがあったのではないでしょうか…。そう、もじゃもじゃしているあの子……!その名も【ウスネオイデス】!!

「なんじゃそりゃ?」
と思ったかもしれません。別名の「スパニッシュモス」なら聞き馴染みがありますよね。
スパニッシュモス改めウスネオイデスは、水を与えなくても育つエアープランツの仲間で、パイナップル科の植物です。もじゃもじゃっとしたエキゾチックな姿がとっても個性的で、フラワーアレンジに一味も二味も加えてくれるグリーンなのです✧˖°

ちなみにこんな姿ではありますが、きちんとお花も咲かせます。お花は小さく緑色で、甘~い香りがするんですって!土のない環境でも素敵なお花を咲かせることから、花言葉は「不屈」。でも、実際に触ってみると葉も茎も柔らかいんですよ~♩*

今回の定期便では紫色のチューリップやアネモネに合わせ、大人のアレンジにスパイスを加えていたウスネオイデス。他にもスモーキーな色の花と相性が良いので、この機会にどんどん取り入れてみてくださいね!

それでは今日はこの辺で。
今回の定期便アレンジがとってもツボ♡なホリがお送りいたしました~!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください