NEKOHANA

NEKOHANA

どちらかといえば猫舌で、猫肌な「こくう」です。

え?猫肌?なによそれ?っと思われましたよね、
猫肌ってのは、つまり熱い風呂に入れないってことです。(笑)

NEKO人気ありますねぇ!ウチでも猫のTV番組は、家族がしょっちゅう観てます。
今どこかに「猫が背中に花束をしょって、猫が宅配してくれる花屋さん」がもし実在したら、その花屋は、きっと世界征服できるんじゃないかな?。(笑))

猫と暮らしてる友人も多いです。
その友人達にもし花束を贈る時は、バラ・ひまわり・ガーベラというような花を選ぶようにしてきました。これはもし友人のネコちゃんがいたずらにかじっても、心配ない花だと聞いていたからです。

まぁたいがい花束を贈りたい相手に、「猫を飼ってる?」って前もって聞く人はいないでしょうけど、せっかく贈った「花」が飾られることなく終わったら、花もかわいそうです。

猫にとって毒性があるのはユリの花やポインセチアと、キキョウなんかもNG、それにちょっと意外ですが、カスミソウも毒性がある種類なのに、猫が興味を持ってしまいやすい。それから花を飾る時も、猫ちゃんが居ると花瓶スタイルは、じゃれて倒すことがあるから避けたほうがいいかな。

この人に花を贈りたいと思ったら「ネコ居る?」と先に聞いておくのが安心ですね。
吾輩はねこ肌である。(ん?まだ言うか(笑)) 「こくう」でした。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください