植物にもスタミナドリンクを追加

植物にもスタミナドリンクを追加

こんにちは~~、Reggianaです。ここ1週間ほど、気温が15度以上も下がっていて、涼しさを満喫していたらまた暑さが盛り返してきた今週です。今週も40度が続きそうなイタリアです。

最近は南極も氷が解けて、そこが緑地化し始めているというニュースを読んでびっくりしたところです。

今月は日本から3週間に渡り、親戚がやってくるのでちょっと嬉しいやら気忙しいやら。旅行の計画や準備、家を掃除したり、模様替えをしてみたりなど、やってもやっても終わらない~と悲鳴を上げています。

そんな時は美しいものを眺めてちょっとカームダウンするようにしています。最近うちのバルコニーに仲間入りしたゼラニウムの世話をしたり、ちょっと元気をなくしているポトスにスタミナドリンクならぬ栄養を注入してあげたり・・・。植物は口を利かない分、不平不満を言わずいじらしくしているのでよく観察して、ちゃんと愛情を示してあげないと。「今日は暑いね~。お水が欲しい?」と花に話しかけるようになってきた自分を客観的にみるとちょっと大丈夫かな、と思うのですが、植物も生きていますからね。フラワーアレンジメントも切り花とはいえ生花ですからいかに長く美しさを楽しめるのか、というのは大切なポイントです。

ちょっと調べてみたら、夏場などは特に毎日水を替えるのと花瓶を洗剤で洗い、雑菌を取り除くこと、水は花瓶の下の方に茎が水を吸い上げられる程度でよいのだそうです。私はたくさん入れればいいんだ、と思っていましたがそれは違うようです。それから枯れた部分は取り除く、これも大切なポイントのようです。枯れた部分は連鎖反応を起こすようです。傷んだ果物と一緒にしておくといいのまでもが傷んでいくのと同じことでしょうね。

ということで、以上を踏まえ、これからも花を長く楽しめるようにしたいと思います。

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください