ハマナスは優秀なお花

ハマナスは優秀なお花

こんにちは!どうやら通り過ぎた旅の虚無感から抜け出した、ミモザです。

終わってしまった楽しい旅・・・。
その虚無感から抜け出すには、どうやら新しい旅に出かけることがいいみたいです!
終わった恋心を癒やすのは、新しい恋っていうじゃないですか。
満腹すぎて残してしまった食事を、数時間後の空腹時に「あー!あれ食べておけばよかった!」と後悔したときに、お腹を満たしてくれるのは新しい食事っていうじゃないですか。
いえ、全然ちがいますね。

さて先日、函舘旅行へいったミモザですが、今度は美瑛と富良野へ行ってまいりました!
ここしばらくは、ミモザのたびのしおり・・・ということでご勘弁くださいね 笑

札幌方面から車で、美瑛の手前にある富良野に立ち寄ってみました。
美瑛の町は、パッチワークの風景が美しいことで有名ですが、富良野はラベンダーで有名です。
6月はまだラベンダーも蕾は固く、ハウスの中のラベンダーだけが満開になっていました。
ラベンダーに関してはReggianaさんがご紹介しているので、ミモザははぶくこととして♡

このブログをご覧のあなたに、富良野のファーム富田からみた十勝岳連峰と花畑をお届けします。
見えている花畑には、ポピー、各種サルビア、ケイトウなどが植えられていて、手前に見える葉低木は北海道の花として知られている「ハマナス」です。
このハマナス!ここまでいい香りとは思いませんでした!
バラの一種なのですが、香りは「バラ?」と一瞬間違えるほどいい香りなのですが、本物のバラよりも鋭さがなく万人に受け入れられやすそうです。
ハマナスの香水など売られていたのですが、お高めなので購入にはいたりませんでした。
あなたもよく知っている「ローズヒップ」は、実はこのハマナスの実だったりもします。

花蕾は漢方として用いられ、抽出されたオイルは様々な場面でかなり使われているようです。

優秀なお花ですね~!

バラのようにたくさんの花をつけるわけではなく、いかにも「葉低木に咲く花」という控えめな感じのハマナスです。
皇太子徳仁親王妃雅子のお印でもあるので、知っている方は知っていますよね。

さすがに、このハマナスをフラワーアレンジメントにするのは“とげ”があるので無理だろうな~。
でも、ローズヒップになった実の状態なら、きっとアレンジメントもしやすいかもしれませんね!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください