きれいな物には「毒」がある?!

きれいな物には「毒」がある?!

名前からして可愛いエンジェルトランペット。これは、キダチチョウセンアサガオ属でナス科なのだそうです(驚)思わず「茄子か~(ナス科)」とダジャレを言ってしまいたくなりました。でも、色と形が可愛らしく、その上名前がもっともらしくて初めて聞いた時からすぐに覚えられました。

ちなみに似たようなので上向きに咲くチョウセンアサガオ(ナス科ダツラ属)というのもあるそうですよ。

一般に、花というのは地面から空に向かって伸びていて、私たちはそれを見るために下を向いてお花を愛でますが、高い位置にあるお花は頭を垂れて、このエンジェルトランペットのように私たちが上を向くとお花が見えるようになっています。神様が私たちに自然を楽しめるようにこのように設計してくださったのでしょう。

ただこの素敵なエンジェルトランペットには毒もあるそうで、傷のある手で触ると危険だそうです。「きれいな物にはとげがある」とよく形容されるバラと似ていますね。自然を相手にするとなると、きちんとした知識をもって臨む必要があります。フラワーアレンジメントもお店の人に予算と用途(記念日、お見舞い、お祝いなど)を伝えたら、パパッと素敵な花を選んで、バランスのとれたフラワーアレンジメントを作ってくれますが、それはやはり知識と経験があってのことだと思います。そんな知識と経験たっぷりのラルブルの素敵なフラワーアレンジメントをぜひあなたにも。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください