春の雨は、恵の雨

春の雨は、恵の雨

こんにちは、ラルブルブログ担当のミモザです!

ラルブルでは二十四節気にお花の定期便をお届けしていますが、4月の二十四節気には、20日頃に「穀雨(こくう)」があります。※今日です。

ぱっと見たとおりなんですが、この穀雨は「春の柔らかな雨に農作物がうるおう」という意味なのだそうですよ!

ですから、この時期に農作物の種をまくと優しい雨に恵まれるので、農作物はぐんぐん育ってくれるのだとか。農作物、たとえば穀物の麦やヒエあたりはフラワーアレンジメントによく使われてくる代表的な農作物ですよね♪

このあたりを使ったアレンジメントは、さわやかさを伝えるのにとても優秀だといえるんじゃないでしょうか。

ガーラントなんかも素敵ですよね。ドアに飾ったりすると、来客のときにも目を引いてオシャレです。

 

春は、冬の間雪や土の中で溜め込んでいたエネルギーを、ぶわっと放出する季節です。
わたしたち人間だって、冬の間閉じこもることも多かったのではないでしょうか。
外出しても楽しい季節になってきたので、お散歩がてら景色を楽しむのもとてもいいことですね!

視覚的に満足すると脳はさらに満足するので、細胞も元気いっぱいになりますよ♡

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください