小エビというより大エビ?!ぺロペロネ

小エビというより大エビ?!ぺロペロネ

こんにちは、ラルブルブログ担当のミモザです。

みなさんはエビは好きですか?ミモザは大好きです!
中華に入ってるエビも茶碗蒸しに入っているエビも、みんな大好きです。

そのうえ、ミモザは水槽でミナミヌマエビという小エビを飼育しています・・・フフフ、相当なエビ好きだぜ。

 

1月末のお花の定期宅急便。
その中にもエビを仕込んであったのをご存じでしたか?

あぁ!エビのようにみえる花ね!と、お気づきの方、正解!
とはいえ、実はちょっと違うんですよ。花のようにみえる「あれ」は、実は苞(ほう)と呼ばれるものです。

つぼみを包んでいた葉っぱなんです!では、花は一体どこに・・?
花はその中からひっそりと顔を出している、白い部分なのです。

植物には開花時期というものがありますが、このぺロペロネ(小エビ草)はちがいますよ~。気温が15度に保たれていれば、いつでも花を咲かせてくれるのだとか。

年中楽しめるなんて、鉢で育ててみたくなりますね!ただし、大きくなりますから単体で植えてあげるとよさそう。

このぺロペロネは、和にも洋にも存在を変化させることができます。
そういう意味ではアレンジメントやフラワーギフトの花材としては、人気のある花だといえそうですね。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください