wedding

wedding

この時期、ヒイラギですね。

この時期、ヒイラギですね。

こんにちは、ラルブルのブログ担当、ミモザです。

北海道ではすでに銀世界が広がっていますが、沖縄のほうはまだ半そでで過ごせると耳にしました。日本列島、縦に長いので季節の違いがはっきりと出ていて不思議なくらいですね。

街はクリスマスや新年に向けて、どこかソワソワした感じがしていますね。
一家のお財布事情を知るお母さんにしてみれば、出て行くものも多く悲鳴が聞こえてきそう 苦笑

さて、クリスマスから節分のあたりに活躍するグリーンといえばヒイラギですよね。クリスマスのフラワーギフトにも、ヒイラギが入っているのを見たことがあると思います。

イエスキリストが生まれたときに、命が狙われていると知ったマリアさまたちがヒイラギの木の陰に逃げ込むと、ヒイラギの葉が生い茂ったのだそう。
そうしてマリア様とイエスさまは姿が隠れて、命が助かったのだという話しをうろ覚えですが聞きかじった記憶があります。

また、節分ではヒイラギの「とげとげ」が鬼を退治するとも言われていて、イワシの頭といっしょに玄関先に飾るのだそうですね。わたしが暮らす街にはそういった風習はないので、初めて聞いたときにはびっくりしましたが、いろいろな風習があって面白いですね。

さて、このヒイラギは赤い実をつけるのでクリスマスの時期には装飾によく使われますね。とても目立って美しいので、この時期は引っ張りだこでしょう。

これだけ美しい実ですが、実はとても苦くて鳥ですらも食べないのだそうです!
食べてもらわなくてもこのヒイラギは増えることができるのかしら?
ちょっとした疑問を残しつつ、今日はここまでにしておきます♪

みなさま、よいお年を。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください