何度もおいしい花、日扇

何度もおいしい花、日扇

こんにちは、ブログ担当のミモザです。風邪など引かずに元気にしていますか?

いきなりですがみなさんは「お漬物」がすきですか?ご自分で漬けたりしますか?
ミモザは札幌生まれ札幌育ちなのですが、北海道のソウルフードともいえる「にしん漬け」をこよなく愛しています。

北海道では、雪がふりはじめる頃に「身欠きにしん」という乾燥させたニシンが出回るようになります。
これはスーパーからの無言のメッセージなんです。
「どさんこたちよ!にしん漬けのシーズンがやってきた!さぁ、作るのだ!」という具合に。

酸味がついた大根やキャベツといっしょに、ニシンも食べることができる2度おいしい漬物です。

花界でも2度おいしい日扇というオレンジ色の花があります。

強引ですか?そんなことありません♪

この日扇、葉が扇状に広がっている存在感たっぷりなのですが、花はオレンジ色の小ぶりでとてもかわいらしいのです。

しかも、花が終わった後はグリーンの繭のようになります。この状態でも、アレンジに加えるとすごく映えてすてきになります。

ところが、この繭状態をさらになが~い目で見守っていると、中から黒い実が顔をだすのです!

これがまた、秋のアレンジで大活躍します。
2度どころではありませんね、訂正します!3度おいしい花です♪

お花やさんでみつけたら、ぜひ手にしてみてくださいね。

 

****

誕生日のフラワーギフト、ボックスフラワーなら大阪の花屋のラルブルへ

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください