【二十四節気:寒露】

IMG_3681

おはようございます!

少し朝晩の涼しい。。というより寒くなってきましたね。
あー。秋だなぁ。という感じです。

 

最近は、ありがたい事に
なかなか多忙な日々を過ごしているので、
休みの日なんかは、ダラダラ過ごしてしまっています…(笑)

早速ですが、

節気のことです。
本日10月8日は、
二十四節気の「寒露(かんろ)」にあたります。

<寒露(かんろ)>
〜参考サイト:日本の行事・歴

10月8日頃(2015年は10月8日)。
および霜降までの期間。
秋分から数えて15日目頃。

寒露とは、晩夏から初秋にかけて野草に宿る冷たい露のこと。
秋の長雨が終わり、
本格的な秋の始まりになります。
この頃になると五穀の収穫もたけなわで、農家では繁忙を極めます。

露が冷たい空気と接し、
霜に変わる直前で、紅葉が濃くなり、
燕などの夏鳥と雁などの冬鳥が交代される時期でもあります。

この頃は、大気の状態が安定して空気が澄んだ秋晴れの日が多くなります。
夜には月も美しく輝いて見えます。
寒露の頃になったら、空を見上げてみてはいかがでしょう。

これまでと違った、秋の清々しさと趣を感じる空に出会えるはずです。

======================================

過ごし方

昼が短くなり夜が長くなるのを感じる頃。
深まる秋に備えて、冬物の衣類などの準備し始める目安にしましょう。

======================================

 

この時期におすすめの切花は、

「胡蝶蘭(こちょうらん)」

胡蝶蘭

 

言わずと知れた、KINGです。

お祝いやご贈答などに用いられることが多いですが、
よく皆さんがお見かけする「鉢」の胡蝶蘭ではなく、
切花の胡蝶蘭です。

アレンジに1輪。
ウェディングの髪飾りに1輪。
テーブルコーディネートのアクセントに1輪。

そんな感じで利用するだけで、
高級感がアップします。

優美な存在感が創る、
ゆったりとした空気感は、
これから迎える秋の夜長にもいいんではないでしょうか!

今、店頭で少しですが販売中ですよ〜♪

それではまた次回お楽しみに!

 

 

P.S.

二十四節気のおすすめ花の定期宅配便。

先日販売を開始したお花の定期便。
このブログでもお伝えしている日本の暦の二十四節気に合わせて、
暦のお知らせとともにお花もお届けします。

ぜひ、ページをご覧ください。

保存保存

えとう
当サイトの運営責任者。ラクレのオーナー。深ぁ〜く考え抜いて、簡単に解釈することが生きがい。花の仕事は、お店のギフトから雑誌のコーディネートから、最近はいろんなことにチャレンジしてる結果、多忙すぎてブログの記事更新はサボり気味。。
一緒に仕事できる仲間を募集中です!僕の仕事を手伝ってください(汗)

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください